新着情報新着情報

岐阜県社会福祉協議会主催の人事考課制度運用講座で講師を務めました

去る11月14日(金)10時から15時30分までの時間で表記の講義を行ってきました。岐阜県内の社会福祉法人を中心に約100名の方々が受講して下さいました。
人事考課は制度はだれでも導入できますが、運用が難しい。制度だけ入れて満足しているという傾向が強いと感じています。
そうした問題意識から制度の作り方の説明は極力排除して、運用する際のポイント中心に話をしてきました。

以下に研修受講後のアンケートを抜粋して掲載させて頂きます。
・とてもやる気が起こる研修でした。興味ある話ばかりでした。
・とても分かり易く、また、情熱(?)を込めたお話しで今後、当法人のキャリアパス作りへの意欲が湧いてきました。
・全体を通して本当に腹に落ちたと思いました。有難うございました。
・たくさんのおみやげを持ち帰れます。有難うございました。
・資料がメモでいっぱいになるくらい先生の言葉をたくさんメモしました。
・全体を通して大変有益でした。
・考課者=育成者という事が印象に残った。
・物理的報酬より精神的報酬の重要性を痛感しました。
・1+1=3の考え方、納得です。人が多い=良い施設の考え方はおかしい。
・管理職が専門職でしかないという点ではすごくうなずけるものがありました。
・とても参考となり、分かり易く良い研修でした。
・人材育成になぜ失敗したのか理解できた。人事考課制度の導入の失敗例が全く同じだった。

過去記事一覧