新着情報新着情報

徳島県老施協主催 介護保険経営戦略研修会で講演しました。

去る2月10日(金)徳島県水産会館で約50名の施設長の皆様にご参加頂き、2時間講演をしてきました。当日はあいにくの雪模様で特に徳島県西部地方からいらっしゃった参加者の皆様には大変ご苦労をお掛けしましたが、皆様最後まで熱心に受講下さいました。
また、持参した拙著2冊も多くの方にご購入頂きました。
徳島県老施協の会員の皆様、本当に有難うございました。

今回の講演は、徳島県でケアハウス宝珠を経営されている橋本施設長様から依頼されたものでした。橋本施設長様が私のホームページをご覧になって依頼して下さいました。
2時間では収まり切れない内容のレジメでしたので最後は駆け足になってしまい、皆様にはご迷惑をお掛けしました。

また機会があればお招きいただければと存じます。

以下に講演後のアンケートを抜粋して掲載します。

・やる気を刺激された。すぐに活用できる情報をいただけた。
・今まさに悩んでいる事に対し、進むべき方向のヒントをいただけた。
・施設長・管理職者の理念をしっかりと持つことの大切さに改めて気づくことができた。
・現在、29年度の事業計画&予算を考えている中、良い講義を受ける事ができ、大変良かったと思いました。
・理念に掲げるべき要点について今回初めて知ることができた。
・社福の苦手としている部分を分かり易く説明していただきました。
・生産性を向上するということが一番心に響きました。
・経営ビジョンを考えるにあたり非常に参考になる講義であった。
・経営収支の改善方法が具体的に理解できた。人材の離職率を低下させるための方法がわかった。施設と職員の信頼感の醸成がいかに大事であるか理解できた。大変有難うございました。
・職種で働く課長(生活相談員)、現状はその通りであり管理職の立場としての責任を見直していくこと。
・普段考え実行している内容が支持されていることが良く分かり、より一層頑張る力が出てきた。
・職員の採用時研修で職場の経営理念を浸透させておくといった事が大変参考になりました。
・何を基準において経営を考えていくのかが明確になりました。
・マインド研修は必要だと感じた。
・初心者でも大変分かり易い内容で純粋に頭に入ってきました。次回も拝聴したい思いです。
・経営指標適正値を示して貰えてありがたかった。
・社会福祉法人の置かれている立場の再認識と戦略とマネジメントの必要性。事業計画に盛り込む項目。また、人事・財務・サービスを数値化して経営分析を行う手法等、大変参考となる講話でした。
・施設長の指標は「離職率・事故件数・収支差額」おっしゃる通りで再認識できた。
・大変有意義な講義でした。本日の講義内容を今後の経営に活かしていきたい思います。



過去記事一覧